スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
編集
精油の抽出方法と注意点
水蒸気蒸留法・・・


古代からある方法で
植物原料を、蒸し器で焚き
蒸気を発生させ、
植物の成分を蒸気に放ち
冷却し、液体にします

その液体は、油分と水とで
分離するので
油分をとったのが、精油
水分をとったのが
フローラルウォーターです。

植物ごとに
加熱時間、加熱温度
圧力などが変わる為
それを的確に行えないと
品質の悪い精油となるようです。




圧搾法・・・

柑橘系はこの方法です。
皮を押しつぶして、
出た油性成分。

この方法で抽出されたものは
酸化が早いので
開封後6ヶ月以内に使い切る。



アンフルラージュ(冷浸法)・・・

    ローズ・ジャスミンなどの花から
もっとも高品質な精油を抽出する
伝統的な方法です。

ガラス板に油脂をぬり
その上に花びらを敷き詰め成分を吸収させ
香りの有効物質だけを
取り出す方法です。



有機溶剤抽出法・・・

ローズ・ジャスミンなどの
安いタイプは
アブソリュート(abs)といわれ
この方法で抽出されています。
ベンゾイン・ミルラ
フランキンセンスなどの
樹脂系もこの方法の場合があるので
購入の際、要チェック。


 ヘキサン・石油ベンゼンやエーテルなどの
有機溶剤を用いて
精油を抽出する方法です。
液体ブタンも使われています。

花びらを揮発性溶剤やアルコール
溶剤に溶かし込み、
揮発させて取り出す方法です。


多かれ少なかれ
有機溶剤の残留があるため
それにアレルギー反応を
起こす可能性が高いので
スキンケアには不向きと
いわれています。

特に皮膚の弱い方・
アレルギー体質
皮膚疾患ありの方は注意。

中には
液化二酸化炭素抽出のものがあるので
そういうのを見つけて
使うようにしましょう。

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
1日1ポチ、応援よろしくです絵文字名を入力してください
テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体
使用上の注意トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
編集
<<現在のサノフロールの品質について | ホーム | 精油の香りの系統 早見表>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://aromatherapybaby.blog39.fc2.com/tb.php/544-f0c65e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ ランキング
ランキングに
参加しています。

参考になりましたら
ぽちっとして
頂けると
励みになります
(*^▽^*)

にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

ひとみ

Author:ひとみ
乳児期からのアトピーでしたが
現在は主婦湿疹のみ。
ステロイド歴
(多分)20年。
ベリーストロングの
ステロイドを
10年使い
現在・・・
脱ステ@3年くらい?

この期間の内3日間
ステロイド使用


5歳の娘は部分アトピー
脱ステ1年
小児喘息
アトピー
アレルギー
アロマや自然のもので
少しでも
よくなればと思います。

敏感肌
アトピーで
合うスキンケアがない!
諦めないで
手作りコスメ
ナチュラルコスメに
チャレンジしましょう^^

CATEGORY
最近の記事+コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
モーションウィジェット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。